2015年11月26日

体育祭とリンゴフェスティバル


今日は、静宜大学の体育祭、蘋果傅情というちょっとおもしろい企画や、
屋台がでたりと色々なイベントがありました^^

体育祭は、綱引きなどの競技に出場できるのは本科生のみですが
留学生は開会式に参加することができます。
入場行進は、各学部ごとに、まず学部の代表者が先頭で学部の旗を持ち、
その後に学部の学生達が様々な国の旗を振って行進しました。
その時、私たち留学生の中国語のクラスを担当している先生も参加されていました。
全員が入場した後に選手宣誓があり、オリンピックの聖火点灯のように、聖火台に炎が灯されました。
034.JPG

038.JPG


そして、日本でいうラジオ体操のような、音楽に合わせて身体を動かす準備体操が始まりました。
台湾の体操は、とても軽快でリズミカルなテンポで、
体操というよりはダンスといった感じでとても楽しそうでした。
042.JPG

開会式に参加した参加賞として、大学から留学生に、パンとお水が配られました。
静宜大学では色々なイベントがありますが、参加するとパンが戴けることがよくあります。
このパンがすごく美味しいんですよ!
留学生は、パンを目的にイベントに参加してみるのもいいかもしれません(笑)

043.JPG


蘋果傳情というイベントは、男子学生と女子学生がお互いに「リンゴに関係する物」を渡したり
交換したりして、その「リンゴに関係する物」が招待状の代わりになり、
女子は男子の寮に、男子は女子の寮に入ることができるイベントです。

普段、女子が男子寮に、男子が女子寮に入ることは絶対に禁止されていますので、
ある意味パラダイスのようなおもしろい企画なのです(笑)

お互いの寮には、10時から16時までの時間なら入ることができます。
エントランスや廊下だけではなく、実際に生活をしている部屋まで入ってOKのため、
男子が来る部屋のルームメイトはみんな女子力アップとばかりに部屋を綺麗に片付けていました。

女子寮の門のところには沢山の男子学生がいて、寮の中もあちこちを歩いているので、
こちらもいわゆる部屋着のようなリラックスした格好でくつろいでいられませんでした。


寮の前には、リンゴジュースなどリンゴに関係する商品を売るブースがでたり、
リンゴ日記というボードが飾られて、そこにはカップルの写真が貼られていたり
メッセージがたくさん書かれていました。
image.jpg

045.JPG

046.JPG


これは、「蘋果」はリンゴのことで、「傳情」というのは「好きな人がいて、その彼に伝えたいことがある。」といった意味で、愛の告白をするイベントなのだそうです。
大学でこのような企画があるなんて、とてもユニークだと思いませんか?

また各学部ごとに屋台を出していて、日本語学科はおでんを売っていました。
沢山の屋台があったり、ちょっとしたステージに立って歌っている人もいて盛り上がっていました。
色々なイベントがあって、楽しい一日でした^^

posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月25日

台湾のレシート宝くじ


今回は、台湾のレシートについて紹介します。

なぜレシート?と思う方も多いと思いますが、実は台湾のレシートは
宝くじになっており、2ヶ月に1度当選番号の発表があります。
私は9月に台湾に来ましたので、今日がその待ちに待った発表の日でした。

下の写真の通り、なんと一番良い特別賞は賞金1000万元(約3800万円)、
その次の特賞が200万元(約760万円)という高額で
自分が買い物をした際にもらったレシートをとっておくだけで、一攫千金が狙えます。
日本の宝くじは1枚いくらで抽選券を購入しなければなりませんが、
台湾のこのレシート宝くじは、宝くじとしてわざわざ購入するものではないので、
いわば投資金なしでワクワクが楽しめるわけです。

022.PNG

私は、6等の200元(約800円)が当たりました!
やった〜^^
これは大学にあるファミリーマートで、肉まんとパンを買った日でした(笑)

020.JPG

引き換えは近くの郵便局で、私たちの場合はパスポートを持っていけばOKだそうです。
高額が当たった場合は大きな指定郵便局に行く必要があるそうです。


台湾では、このようにレシートが宝くじになっているため、募金のように募レシートという福祉運動があり学校やお店にはレシートを入れる箱が置いてあります。

021.JPG

もし、旅行や留学などで台湾に来た際にレシートはいらないという場合は、捨てずにこのような募レシート箱に入れるといいと思います。

なぜ、台湾のレシートに宝くじがついたのかと言いますと・・・??
台湾では、レシートや領収証などを発行する習慣が普及しておらず、売上げは自主報告で税金を納めるという方法だったために、脱税する店が多くあったのだそうです。

こういった環境を防止して脱税を防ぐために政府が考えたのが、
お客さんがお金を支払った際に、必ず「レシートをください。」となるように、レシートに宝くじを付けることで消費者側に「レシートをもらえば宝くじが当たるかも!?」というメリットを作って、確実に店側にレシートを発行させる仕組みを考えたそうです。
そのようにしてレシートに通し番号を付け、お店側がレシートを発行すると、政府に売り上げ金額の5%が税金として入ることになっているということです。

消費者側は、レシートが宝くじを兼ねているということで、
ちょっとしたコンビニでの買い物でもレシートを必ずもらうだけでなく購入意欲も高まります。
一方お店側は、レシートがもらえない店となればお客さんが減ってしまいますので、おのずとレシートを発行しなければならなくなり、政府はこれで脱税が防げるというわけなのです。


留学中に高額が当たる日を夢見て、これからもレシートを集めたいと思います!




posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月20日

小学校でのボランティア活動


今日は、ボランティアで小学校に日本語や日本の文化を教えに行きました。
ちょっと忙しくて投稿していませんでしたが、今日で3回目、最後の日でした。

毎年、静宜大学の日本人留学生の有志が集まってこの活動を行っているそうで
今年もみんなの希望で小学校に行くことになりました。

第1回目は、生徒一人一人に日本名を付けてあげて、名前を使ったゲーム・自己紹介・
ありがとう・こんにちは・さようならなど挨拶の練習をしました。
休み時間には、バスケをして楽しく遊んでいました^^

562.JPG

588.JPG

593.JPG

第2回目の朝は、教室に入ると、生徒のみんなが「おはよう」と言ってくれてびっくりしました。
挨拶を復習した後、50音の半分(あ行〜な行)の発音・書き方の練習・簡単な単語を教えました。
50音を覚えるのがすごく早かったです。

972.JPG

そして今日、第3回目の最後の日は、50音の残りの半分(は行〜わ行)を教えたあとに
浴衣をみんなに着せてあげました。
みんなすごく似合っていて、「かわいいね!」と言うと照れていました(笑)
998.JPG

1015.JPG

1010.JPG

写真では上手く着付けが出来ていますが、着付けのやり方がよく分からない人が沢山いたので
実は、前日の夜にボランティア参加者がみんなで集まって練習したんですよ。
帯の付け方が難しかったので繰り返し練習し、当日に間に合うことが出来て良かったです。

最終日の授業が終わると、一人一人からお花のプレゼントがあったり、
私に抱き付いてきて「ありがとう」と言ってくれたりと、とても感動しました。
また、みんなで作ったメッセージももらって本当に嬉しかったです。
台湾の子どもたちと沢山ふれあい、とても貴重な経験ができて良かったです^^

谢谢大家!
1004.JPG

1018.JPG



posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月15日

沙鹿散策


静宜大学は、台中市沙鹿区にあるということで
先生が沙鹿区の様々な場所を案内してくださいました。

バスの手配だけでなく、朝ご飯、昼ご飯も用意してくださっていて
日本人や台湾人合わせて20人ほどで行きました。

樹齢300年以上の木、台湾の風格のあるお寺、
さらに川で野菜や服を洗っている人も見ることができました。

888.JPG

image.jpg

image.jpg

大きなカゴに服がたくさん入っていて
一枚一枚を手で洗濯していて大変そうでした。
895.JPG


また、昔使われていた剣や刀を見たり実際に触れることができました。
image.jpg

image.jpg
まだ切れるそうなので「触る時は気を付けて」と言われたので
みんな緊張している様子でした。


町を歩いていると、少し路地を入ったところに
壁にとてもかわいい絵がたくさん描かれていました。
これは、町をもっと美しくしたいので地方政府の機関にお金を出して申し込み
昔の沙鹿のイメージを壁に描いたものなのだそうです。

果物屋
930.JPG
飴売り
925.JPG
服屋
924.JPG

最後は粘土でお花作りに挑戦しました。
これは台湾の伝統工芸だそうで、様々な色を使って
お花だけでなくキャラクターやお皿やコップなども作れるそうです。

937.JPG

実際に昔からこの伝統工芸を作っているおじいさんが作り方を披露してくださいました。
難しいところもとても簡単そうに作ってすぐに完成していました。
939.JPG

940.JPG

今回は台湾の様々なことに触れることができて、とても良かったです。
これからももっと町に隠れた文化・食べ物・建物など
たくさん発見していきたいと思います。

留学生のためにこのような企画をしてくださった静宜大学の先生方に感謝です。
posted by 日大交換留学生ブログ2015 at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。